暴れ熊日記

中年になってから一念発起してお芝居の世界に足を踏み入れてしまった迷い熊のどうでもいい日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年最初の

新年になって初めて母の見舞いに行って来た。


母がくも膜下出血を患ってちょうど丸一年。倒れてその日のうちに開頭手術、手術後すぐ意識を取り戻すも、脳血管れん縮という術後の症状のために一週間で再び意識が喪失。現在は植物状態である。死の危険は去ったものの、おそらく、残る人生はのどに管を通し、経管栄養を取っているため、言葉も話さず、食べ物も味わえず人生を終えることになるだろう。


とは言え、別段悲壮感はない。


こうなってしまったものは仕方がないし、実際お金は大変だが、どうにかなっている。自分が自営業=塾をやっているから、というのもある。とは言え、利益の部分はすべて母のさまざまな金銭面に持っていかれてしまう。働けど働けど・・・と言う感じだ。でも、まあ仕方がない。


最近は少し状況が好転しているようで、日中は車椅子に乗せてもらい、寝たきりにならないような看護をしてもらっている。入院している病棟が療養型なので、リハビリなどさまざまなことをしてもらっている。本当にありがたい。


こちらが笑うと母も笑う。しかし医者に言わせればその笑顔は「反射」と言う奴で母自らの感情ではないらしい。赤ん坊が笑いかけると笑う、と言うあれだ。


言葉は取り戻せなくても、せめて口から食事が取れるようになってほしいなぁ、と思う。おいしいものを味わうくらいはしてほしい。


病院を出て、一緒に見舞いに来た叔母とコーヒーを飲む。いまでは母代わり的な存在だ。色々な面で協力をしてくれている。感謝。


このような看病はマラソンと同じだと思う。あせっても仕方がない。よくなっても悪くなっても心のペースを乱さずに・・・


今日も日が暮れた。

スポンサーサイト
  1. 2007/01/09(火) 17:53:46|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年頭のご挨拶

あけましておめでとうございます。


と言うよりは、「あけてしまいました」と言った感じが強い。去年が自分にとって「激動」ならば、今年はそれを上回る年になるのではなかろうか、そんな感じだ。


まずは、第一子が生まれる


カミさんのお腹は日に日に巨大化していく。双子?とでも思いたくなる。でも中身は一人らしい。しかも出産を予定していた産婦人科は予定月には予約でいっぱい。他所で産まなくてはならない。しかも出産はなぜにあんなに金がかかるのだろうか。市役所からもらう出産祝い金(一時金?)だって市によって金額がまちまち。


色んな産婦人科のHPを見たが、おおむねの相場は50万前後。


それも、ネイルアートだの美顔エステだの、飯はフランス料理だ、ブランド品のお土産だ、あの手この手で金を巻き上げようと必死だ。しかし、何か間違ってんじゃないのか?


実際に出産およびその前後のケアにだけかかる金額はいくらくらいなのだろう。保険適用外の診察行為になるということは、よく高級なすし屋でみかける「時価」のネタと同じってことだろう。


正直、あきれる。


少子化がやばいだなんだというのならさっさと保険内で出産できるようにしてほしい。


新年早々愚痴になってしまった。


 

  1. 2007/01/04(木) 19:23:59|
  2. 新人おやじ役者の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舞台見てきました

先週は一週間間違えると言う大技をかましてしまった。と言うわけで仕切りなおし。今日舞台を見てきました。


写真家・土門拳を題材にした話。コメディタッチの部分もありながら、全編を通じてシリアスなお話。土門氏の激しさとこだわり、そして戦後期の日本の大衆の混迷が描かれていた。舞台上にはベテラン俳優から初心者まで取り揃えたキャスティング。それぞれの技量の差こそあれ、面白く見れた。


来年は自分の番。


何かこう、また心に燃えるものが芽生えてきた。


実は、某プロダクションの所属オーディションには落ちてしまった。そう簡単にはいかんよ?という天の声が聞こえてきたような感じがした。次へ次へと考えていかなくてはならないが、さすがのおいちゃんも多少は凹む。


そういう意味では、今日の舞台でまた「パワー」がもらえたような気がする。

  1. 2006/12/14(木) 21:12:50|
  2. 新人おやじ役者の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

切ない一日

今日は色々と切ないことがあった・・・


今日は観劇の日。来春出演する演出家さんの舞台を新宿まで見に行った。


のだが・・・


劇場が閉まっている。


なぜ?おかしい。ちょっと開演に遅れてしまっているので入れてもらえない?いや、そんなはずはない。劇場間違えたか?チラシを再確認すると


来週だった


ありがちなオチだが・・・今年に入って2回目のミス。


前回はと言うと・・・


免許の書き換えに出かける。残念ながら違反をしているので違反者講習を受けなくてはならず、地元の警察ではなく免許センターまで出向いていった。受付窓口の婦人警官おばちゃんに書類と免許を渡すと・・・


おば「何かご事情があるんですか?」


くま「事情は特に無いですけど・・・」


おば「あの・・・書き換え来年ですよ?


今年はすっかり平成19年と勘違いしていましたとさ・・・。


なんだろうね。たまにしでかすんだよな、こういうミスを。かみさんに間違えたとは言えずに仕方なく新宿のパチンコ屋へ。


三万負けたぁ


もう散々。屁こいて寝ますわ・・・

  1. 2006/12/07(木) 20:30:09|
  2. 新人おやじ役者の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

将来について

いやぁ、サックス難しいわ(嘆き)


そんなこんなで、気がつくと師走ですなぁ。声優を志す人たちにとってはあわただしい時期になりましたね。そう。来年どうするか、ということを考えなくてはならん時期に来ました。と言っても、おいらはもう前のところは足を洗ってしまったので、必然的に新しいところを探すことになるのだが、自分自身、養成所に行くのはもう嫌・・・と言うわけでプロダクションに正式に所属できる道を模索し始めています。


今のところ、1社の書類選考を無事(?)通過。今度の日曜に二次、まあ実技とPRをしてくるわけです。あと、今後動こうとしているところがとりあえず3社って所です。今回は気合入ってます。写真もちゃんとしたところで撮影し、自分のPCではあるけど音声編集ソフトを使ってサンプルをつくり・・・などなど、去年と違ってやるべきことはちゃんとやっている。去年はひどかった。なにせ写真は「写るんです」だったしなぁ。それでよく受かったもんだ。


前の養成所をやめる際ひと悶着あり、その精神的ダメージからか体調を崩しおよそひと月ちかくぐだぐだだったが、ぼちぼち色々と動かんとなぁ。5月の舞台がらみのワークショップだけでは足らないし・・・まずは「声」と「体作り」かな。ダンスも習えるジムを家の近所で物色中。近日中に前の養成所の仲間との飲み会などもあり、自分の塾の忘年会もしなきゃだし、もちろん中3生の進路で高校に行かなきゃならんわだし、12月に体調が戻ってよかったよかった。


てなわけで、今日はなんだかしょうも無い文面になってしまった。反省。

  1. 2006/12/06(水) 17:25:10|
  2. 新人おやじ役者の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くまかつみ

Author:くまかつみ
三十路から芝居の世界に入りました。最近微妙にギャラがもらえるようなお仕事をかすかにいただけるようになりました。もう一つの顔はこっそりと学習塾をやっています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。